So-net無料ブログ作成

紺白 / パルファン・サトリ [九月]

RIMG1183s.jpg

アルデヒドと柑橘。

9月って、暑い日も多いのに、雨も多いし、
金木犀にはまだ早いしで、
つける香水があまりなくて困るんですが、
これはぴったり。
さすが日本人が作っただけある。

すっきりさっぱり、
でも初夏とは違う、 秋のさみしさが感じられます。


タグ:アルデヒド
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

nice! 0

コメント 3

ルピナス

はじめまして。
パルファンサトリのサンプルセットAとBを取り寄せ、一番気に入ったのがこの紺白です。紺白について書かれたものは滅多になく、うれしくなって思わずコメントです。

紺白はさっぱりしているのに甘さが穏やかに長続きしてトップからラストまで気に入っています。いつ嗅いでもにっこりしてしまう香りです。
私は海外在住です。日本人にはゴージャスな香水よりパルファンサトリのような奥ゆかしい香りが似合うように思います。

今度の帰国の際、春夏用に紺白、秋冬用にソネットかシルクイリスを購入しようと考えています。
ちなみに今はイリスオムを愛用中です。
竜眼さんはパルファンサトリをいろいろ使ってらっしゃるようですね。特にお気に入りなどありますか?
by ルピナス (2017-02-21 22:27) 

竜眼

ルピナスさん、コメントありがとうございます!
パルファンサトリいいですよね。夏なら苔清水、冬なら紫の上がお気に入りです。サトリもいつか買ってみたいです。
海外にお住まいの方だと、気候も違って、香水の感じ方もまた違うのかと思っていましたが、やはり日本の香りのほうが良いのですね。
またいろいろ教えてください!
by 竜眼 (2017-02-26 17:11) 

ルピナス

返信ありがとうございます。
竜眼さんは苔清水と紫の上がお好きなのですね。苔清水はすっきりと穏やかな香りでこれからの季節によさそうですね。
紫の上は私も大好きです!働いていたら使いたい香りです。
さとりは年齢を重ねたら挑戦したいですね。着物用にいつか購入したいです。

転勤族なので時々引っ越していますが、現在は中東の四季のある国で暮らしています。
香りはその土地の気候に合うものが一番だと以前は思っていましたが、最近はその人のキャラクターに合っていることが大事だ考えるようになりました。
中東の名香メゾンAmouageの香水も持っていますが、ゴージャスすぎて私に似合っているとは思えません。しかしいい香りなので、自宅で過ごすときに時々楽しんでいます。
その点、パルファンサトリの香りは日本人の繊細な気質を表しているようでつけていてなにやら安心します。

長々と失礼しました。これからもブログを楽しみにしていますね。
by ルピナス (2017-02-27 22:31) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。