So-net無料ブログ作成
検索選択

IPSA(イプサ) / IPSA(イプサ) [通年]

RIMG0012s.jpg

これが廃番になっていなかったら、今こんなに香水ビンボーになっていなかったのでは、という香り。たとえて言えば、永遠のマドンナを追い続けるあまり、「彼女が手に入らないなら、女なら誰でもいいや」とプレイボーイになってしまう男性、みたいな。(だいぶ違う)

1999年頃だったか、発売後すぐに買いました。紺の薬瓶みたいなボトルがかっこいいし、金属のパッケージもしびれるほど素敵です。優しく落ち着いた香りで、大好きでした………よよよ。

香りはイリス。を謳っていたんだけど、今考えるとイリスってほどイリスじゃなかった気がする。これが廃番になった後、似た香りを探してイリスをいっぱい嗅いだけど、どれも全然違った。

香水はもう一滴も無いんですが、限定品ボディパウダーがまだ香ります。これをクンクンすると、むしろフローラルグリーンな気が。強いて言うと、私の手持ちで一番近いのは、ディファレントカンパニーのシュープリームバルキスだったりする。あのバルキスですよ。ディプティックのロンブルダンローのカシスの葉部分にも似ているような。

廃番になってしまっただけに、謎が深まります。

三層になったバスオイルとか、毎年いろいろこの香りの限定品が出てて、楽しかったなあ〜。また売ってくれないかなあ〜。

タグ:廃盤 イリス
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Olene(オレーヌ) / Diptyque(ディプティック [四月]

RIMG0009s.jpg

藤の香り! 藤って、ジャスミンぽい、もわっとした香りもありつつ、豆のもったりした香りに、そして爽やかな風合いもありますよね。この香水だと、豆っぽさは無くて、水仙が入っていることで、よりすっきりした香りになっているように思います。 

すごくきれいなフローラルで、春と秋、どちらでもいけます。かなり長い期間、使えそう。ディプティックの中では、一番使いやすい香りかも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Caprissimo(カプリッシモ) / Carthusia(カルトゥージア) [四月]

RIMG0045s.jpg

トップはシトラス。

ミドルはパウダリーなフローラルヒヤシンスはあまり感じず。オスマンサスも全然わからない。まるっきりパウダリー。アイリスを中心にしているように感じます。

そして最後はウッディ。なんとまあ、古典的な展開。でも、オバサンぽくはないんですよねえ。

古い別荘引き出しをあけたら出てきたレースのハンカチ…。そんな感じ。少し暖かくなってきた頃に、お澄まししてつけたい香りです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

D'Ailleurs et Fleurs(ダイヤー&フルール) / The Different Company(ザ ディファレントカンパニー [四月]

RIMG0044s.jpg

生花のまばゆさを持っている香水。だけど、すぐ消えてしまう。だからこそ、生花っぽく感じるのかなあ。

ネロリとチュベローズなのだそうですが、確かにその香りはするんだけど、いわゆるネロリの暑苦しさはないし、チュベローズの貼りつくような感じもない。わーっと迫ってきて、すぐいなくなる。不思議…。

トップがタバコっぽくてそこだけ嫌いなのですが、これは何の香りなんでしょうか。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Hanae(ハナエ) / Keiko Mecheri(ケイコメシェリ) [四月]

RIMG0041s.jpg

ベリーなのにパウダリー。不思議な香りです。

もわんとしたパウダリーは、羽二重餅のまわりの粉のよう。まんまと、作者の意図通りに「和」を感じます。それでいてベリーなんだから、そう、ベリー味の羽二重餅ですね。

そして、湿った空気が似合います。京都の町屋カフェに、雨だけど着物でおでかけ。そんな日につけたいです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

桜 / パルファンサトリ [四月]

RIMG0010s.jpg

シソ! 桜っていうよりまずシソ!! シソとサクランボの香りで、桜を表現している、ということなのかな? フローラルというよりは、グリーンフローラル。

なので、桜の開花を待っている時期や、満開の時期だと、さみしい気分になってしまいます。それよりは、葉桜のちょっと汗ばむ季節に良さそう。まさにこれから! それか、山桜。風通しのよい服でさわやかにつけたいです。

あと、最後まであまり香りが変わらないのも特徴かも。

(画像さしかえました)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Cherry Blossom(チェリーブロッサム) / Guerlain(ゲラン) [四月]

RIMG0038s.jpg

1998年だったかな? 一番最初に発売された時に買ったものが、まだまだあります。

当時は友人に「お寿司みたい」と言われました。お寿司!? 「ちらし寿司持ってお花見に行くみたいな」だそうです。グリーンティー部分がそう思わせるんでしょう。

でも、今あらためて嗅ぐと、グリーンティーと桜が、思いっきりパウダリーな香りにつつまれています。むしろ奥様っぽい。だから、いいところの奥様が、珍しくカジュアルな格好してお花見に来たイメージ。ジーパンだけど、じつは高級ブランド。さすがゲラン様でございます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。