So-net無料ブログ作成

ばら園(芳純) / 資生堂 [五月]

RIMG0014s.jpg

マイファースト香水かも。高校生のとき、祖母とデパートで買い物をしていて見つけ、買ってもらいました。

ぷしゅってするのがついてるのが、とっても素敵!

今こうして嗅いでみると、香りもすごく上質。薔薇の香りそのもの。ひねりがないっちゃあないけど。これで4000円だなんて、めちゃくちゃ良心的。

上品な奥さまが、丁寧に育てている薔薇たちに囲まれている…そんなお庭にお邪魔したイメージ。なんの飾りもなく、薔薇の良さがそのまま出ています。昔昔、ポプリというものが流行ったとき、その元祖だった熊井明子さんを思い出します。

今の「ばら園」は別の香りなのだそうです。ローションとかボディミルクとかは、昔と変わらないのかな。愛用してました。

(画像は庭で盛りのアンジェラと。「芳純」だと良かったのですが)
nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Mughetto(ミュゲ) / Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ) [五月]

RIMG0020s.jpg

今のところ、一番好きな香りです。

とにかく、気分があがる。@コスメで「無理矢理頑張れって言われてるみたい」というコメントがありましたが、根の暗い私にはこれぐらいでないと、気分があがりません^^;

炭酸みたいにしゅわーっと感じます。鈴蘭を中心に、ハーブの香りがいっぱい。そして柑橘。目が覚める〜。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Le Muguet(ル・ミュゲ) / Annick Goutal(アニックグタール) [五月]

RIMG0019s.jpg

甘いです。鈴蘭の中に、蜂蜜っぽい甘さがあります。なので、5月でも晴れた日よりは、少し曇った日につけたい香り。貼り付くような甘さを嗅ぐと、晴れていなくても元気になれそう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Lily of the Valley(リリーオブザバレー)/ Penharigon's(ペンハリガン [五月]

RIMG0015s.jpg

鈴蘭の香りは再現しやすいそうで、どれも似た香りになるそうですが。

ペンハリガンの鈴蘭は、すっきり爽やかで、グリーンティーっぽさがあります。ペンハリガンて、さすが床屋さん、「殺菌!」って感じがするんですよね。お澄ましして、清楚な気分になりたいときに使います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Elisabethan Rose(エリザベサン・ローズ) / Penhaligon's(ペンハリガン) [五月]

RIMG0021s.jpg

青山のセレクトショップで偶然見つけて、一嗅ぎ惚れで買いました。バイオレットもあって、そちらのほうがボトルは素敵だったんだけど、香りとしてはこちら。(ちなみに、バイオレットは、すみれのシルエットが磨りガラスになっていました。今のボトルは違いますよね? 前のほうがよかったのに!)

これはもう、絶対に、5月や10月の良く晴れた日に使うに限ります。ペンハリガンはイギリスの冷涼な気候に合わせてできてる香水だなあ、とつくづく思います。雨や真夏、真冬には、絶対合わない。むしろ、「薬くさくて、変な香り」だと思ってしまう。いっとき、劣化したのかと思って、捨てようとまでしたほど。なのに、爽やかな日には、本当に素敵に香るのです。

朝、咲いたばかりの、少しピンクがかった白い薔薇。トップのアルデヒドがひんやりして素敵。薔薇特有の青くさい香りに思える(実際とは違うんだけど)。石鹸ぽくもあります。

季節と気候は選ぶけど、つけていく場所や服は選ばない、オールマイティな香りだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Le Chevrefeuille(ル・シェヴレフイユ) / Annick Goutal(アニックグタール) [五月]

RIMG0023s.jpg

画像は、我が家のスイカズラをバックに。

スイカズラの本物は、かなりクリーミィですが、この香水はクリーミィさはなく、スズランぽい香りに、ジャスミンがプラスされてるのかな? ちょっと蜂蜜っぽさがあって、それが少しだけ甘い印象を与えているような。でも、5月の風にのって運ばれてくるスイカズラのイメージではあるんです。

2時間ぐらいで消えてしまうので、リフレッシュしたいときに使います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

調香体験セミナー初体験 [香りに関する雑談]

いつも読んでいるproficeさんのセミナーに行ってきました。

初心者なので、Aタイプというものに参加→http://www.profice.jp/seminar/A.html

前半は文化史や流通経路の座学。といっても、実際に歴史上の重要人物に関する香りを嗅いだり、古代から使われている樹脂系の香りを実際に温めてみたり、と体験もあります。アルコールって1400年代まで存在しなかったんだ〜(←間違えて覚えてました。正しくは、アルコールが発明されたのは1000年頃で、香水に使われたのが1400年頃からだそうです。先生、ご指摘ありがとうございましたm(_ _)m)、とか、1900年頃は香水はメンズとレディースに分かれてなかったんだ〜、とか、目からウロコ。

後半は、各ノートごとに、代表的な香料を次から次へと嗅いで、違いを体感するというもの。次から次へとムエットを渡され、持ち帰ってみたら88枚ありました。うーーん、知恵熱が出るかと思った。まるで、英語のヒアリング100本勝負。

なんとなく好きとか嫌いとか簡単に二分していた香水でも、じつはいろいろな香料で構成されているわけで、それを聞き分けられたらもっと楽しい。ヒアリングには、まずは単語力。単語、つまり香りを覚える。

香りを覚えるためには言語化しなくちゃいけない。香りの形容詞って、そうそう多くはない。だから、実家の押し入れの香り、でもなんでもいいから自分が知っている何かに喩えるといい、と先生は言う。

でも、それができないんだわ。コリアンダーとピンクペッパーが違うということは、二つ、名前を書かれたムエットを交互に嗅げばわかる。でも、違いをどう表現したらいいかわからない。喩える引き出しも、自分にはそうそう無い。だから、次にバラバラに嗅いだら、わからなくなっちゃう。

自分がいかに香りに無頓着だったかということですねえ。そして、自然界には、いろーんな香りがあって、人々は、いろんな香りを抽出したり、真似して作ったりしてきたのですねえ。

というわけで、いろーんなものをひたすら嗅いでおります。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。