So-net無料ブログ作成
検索選択

織部 / パルファンサトリ [五月]

RIMG0003s.jpg

抹茶! 系列で言えばグリーンティなんでしょうが、粉っぽさがあって、まさに抹茶です。ちょっと甘いパウダリーっぽさが、抹茶ラテのようでもあって。爽やかだけど落ち着ける、、、男性でも女性でもいけそう。

何かに似てると思ったら、クロロフィル美顔術の化粧品たちだ(笑)。知ってます? 顔を緑にするアレです。クロロフィルはお茶の葉からとった美容成分で出来てるから、間違ってないですよね、この連想。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Diabolo rose(ディアボロ・ローズ) / Les Parfums de Rosine(パルファン・ドゥ・ロジーヌ) [六月]

RIMG0012s.jpg

薔薇にミントってどうなの、と思ったけど、なかなか合います。そしてべったりと甘いです。

ミント風味のムース! 休みの日に着飾って友達と甘い甘いケーキ食べる、そんな香りです。

フランスなべったり感が、どの季節に使えばいいのか迷うけれど、意外に梅雨時、夏が待ち遠しい時にも合います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ホワイトローズナチュラル / 資生堂 [五月]

RIMG0016s.jpg

二十歳の誕生日に叔母にプレゼントしてもらいました。今思うと、二十歳の小娘には高価でゴージャスですよね。

カットガラスのボトルもとっても素敵です。

パルファンだけあって濃度は濃いですが、香りは爽やかな白薔薇。凛々しいです。そして、最後は渋いです。ウッディさを感じます。

結婚式につける人が多いようですが、結婚ていうか……、むしろ尼僧のイメージ。男性を寄せ付けない、といってもトゲトゲしい感じではなくて、あくまでも静か。しずかーに、そういう世界とは遠いところに存在してる美しい女性。


タグ:資生堂 薔薇
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

夏の必需品 [バスライン・キャンドルなど]

夏の必需品、汗ふきシート。

RIMG0014s.jpg

パウダーインとか「さらさらなんとか」は、白くなるのが嫌なんですが、どうしてあのタイプが多いんでしょうか。

毎年、ロクシタンのバーベナを使っています。が、今年はシトラスバーベナであると。まあ、昨今、いろいろバージョンを変えて売ろうということなんでしょうね。

で、使ってみると、シトラスの香りが爽やかなのはいいんですが、、、ミントの香りが強くて、あれ? ねえねえ、バーベナはどこなの〜〜〜??? バーベナが好きなんだけどーーーー!!

アユーラもシートを出しました。

こちらは、ロクシタンに比べて厚い! 何度拭いてもまだまだ使える! そして、アルコールが強い。かなりたくさん汗をかいたとき向きですね。

香りはアユーラらしい香りに、マリンノート、それから松の香りかな? さっぱりします。

ロクシタンより安いのもいいな。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Sublime Balkys(シューブリームバルキス) / The Different Company(ザ・ディファレントカンパニー) [六月]

RIMG0002s.jpg

なぜかイプサに似ていると思う。カシスの甘さと、ヴァイオレットリーフのグリーン、そしてパチョリ。

曇っている休みの日に、マキシ丈のだらっとした服でも着て、車の窓全開にしてドライブ。湿気た風が吹いてきて、それがきっとこんな香り。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

L'ombre dan L'eau(ロンブル・ダン・ロー) / Diptyque(ディプティック) [六月]

RIMG0013s.jpg

薔薇とカシスの葉。

「水にうつった影」という名前の通り、公園の水辺を思わせます。曇って、湿気が多くて、でも生命力にあふれている、うっそうとした緑。自分的には根岸森林公園(笑)。

意外に、香り立ちが強いので、1プッシュで十分です。じめじめした日に、喝を入れてくれます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Floret(フローレ)/ Antonia's Flowers(アントニアズ・フラワーズ) [六月]

RIMG0004s.jpg

私が持っている中で、一番メジャー香水かも? ちょっと若作りになりそうなのですが、でも好きだからいっか。

スイートピーの香りだそうですが、よくわかりません。鈴蘭のようなホワイトフローラルに、アプリコットの香りがします。湿気てきた季節に、明るい気分をもたらしてくれます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Coquelicot(コクリコ) / Il Profvmo(イル・プロフーモ) [六月]

RIMG0001s.jpg

メロンにライラック。薄ーい、青ーいイメージです。

高山でしか咲かない青いケシのイメージなんですって。あの儚い花弁を思い起こさせます。

媚びた感じがない、大人のフルーティフローラル。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

kai(カイ)/ Kai Fragrance (カイ・フレグランス) [六月]

RIMG0003s.jpg

一瞬、キュウリ!? なグリーンさ。

いやいや、グリーンさもありつつ、うっとりするようなガーデニアの香り。

ガーデニアの香水って、ココナッツを使ったものか、パウダリー系が多くて苦手なんですが、これは全然ココナッツでもパウダリーでもないんです。これこれ、ガーデニアってこれだよ! と。

パフュームオイルなので、朝つけたら夕方まで香ります。もったりとしていて素敵。

キャンドルも買いました。寝る前につけると、うっとり…

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

オードアカシア(小坂町)/ 資生堂 [五月]

RIMG0044s.jpg

小坂町は、秋田県にある鉱山で栄えた町です。今は、明治時代の建物などを見学できる観光地になっています。康楽館という、昔のまま残っている芝居小屋の売店で買いました。→その様子

大通りにアカシアの並木があるということで、アカシアの香りです。私が訪れたのは11月だったので、もはや東北では「冬」、葉すら無かったと思います^^; でも、文明開化を思わせる並木道は、とっても爽やかで、この香りのイメージと重なります。

全体としては、資生堂らしいきれいなグリーンフローラル。パウダリーなお花の香りがしますが、これがアカシアなんでしょう。ちょっと苦い感じもします。5月、風がふきぬける中、庭に洗濯もの干しました! な気分です。この解放感と、ちょっとした気どりが、開国しました!気分なんだなあ(かなり強引)。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Un Matin d'Orage(アン・マタン・ド・オラージュ)/ Annick Goutal(アニック・グタール) [六月]

ちょっと忙しくてサボってました。もう7月ですが、ちょこちょこ遡及していきます。

とりあえず再開一つ目。「嵐の後の朝」という名前の、ガーデニアの香り。

RIMG0066s.jpg

ガーデニアというと、ココナッツかパウダリーで表現されることが多いようですが、これはそのどちらでもなくて、マグノリアジャスミンで表現しているようです。ちょっと水っぽくもあって、「カブトムシにあげる砂糖水の匂い!」と表現されたことも^^; カブトムシって!!

嵐の後というよりは、嵐が来そうな雰囲気なんですよねえ。だから梅雨時の定番です。

白くて光沢のあるボトルも素敵。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。