So-net無料ブログ作成

新作を試した [これを試した]

・フローラベリオ / ディプティック

マリン、林檎、コーヒー、胡麻。すごく面白い! けど、まとまりがない。男性がつけていたら個性的かな?

・リルオテ / アニック・グタール

シアーでエアリーで、つまらない。シトラス、グリーンティー、オスマンサス、ムスクだそうです。ちょっとだけ苦いものも入っている。済州島のイメージだそうです。みかん、金木犀、お茶は特産なんですね。でも、アジアの島らしいかというと全然…。同じ素材でももっと面白くできるのではないかなあ。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Boutonniere no.7(ブートニア ナンバーセブン) / ARQUISTE(アーキスト) [五月]

RIMG0072s.jpg

プロデューサーが建築家だからアーキストというブランド名だそうで。

建築家というか、建築史なのかな? 香水ごとの設定が、ものすごく詳細なんです。「○○年○月のどこそこ、誰それがこうこうこうしているときの香り」…うわー、歴史オタクっぽくて、こういうの大好き!

これは、1899年5月、パリのオペラ座メインロビー。男性の服のボタンホールに挿されたガーデニアの香りだそうです。男性がつけている香水の香りと、ガーデニアの香りが一緒に香っている、という設定。おもしろーい。

肝心の香りは、それほどもったりしない綺麗なガーデニアに、ラベンダー。ガーデニアとラベンダーって珍しい組み合わせ。通奏低音として、ジャン・ クロード・エレナみたいな、さやさやっとしたグリーンがあるので、とても使いやすいです。

ほかの香りも気になります。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Menthe Fraiche(マント フレッシュ) / Heeley(ヒーリー) [五月]

RIMG0025s.jpg

ミントですっきり、なんですが、ベルガモットのかわいらしさや、まったり落ち着いた感じもあって、ガイアックウッドかな? あ、違った、ホワイトシダーだそうです、ウッディ。でもメンズメンズしていない。 草食系男子といったところ。

nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Petit Trianon(プチトリアノン) / パルファン・サトリ [五月]

RIMG0008s.jpg

マリー・アントワネットの離宮のこと。プチトリアノンをイメージした香りだと、当時のレシピを再現したというリュバンのものを嗅いだことがあるのですが、ものすごくヘビーで驚きました。ロココってこういう時代だったんでしょうね。

でも、日本人の好みなんでしょうが、アントワネット、ロココというと、もう少しパステルカラーで、ふりふりのレースで、と少女っぽいイメージです。今のお店だと、お菓子やさんのラデュレとか。

で、こちらは鈴蘭に、甘いドラジェの香りをプラス。これが程よいんです。5月の庭園で、少女たちが遊んでいるみたい。ピンクや水色のドレス、お菓子、お花…。これこれ、こういうののほうがプリトリアノンってイメージだよなあ。

宝塚で、アントワネット御用達の調香師ジャン・ルイ・ファージョンを取り上げた公演がありました。その舞台が、まさにこのイメージ! 水色からピンクに淡くグラデーションされた背景の美しいこと。衣装もどれも素敵でした。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Muguet du Bonheur(ミュゲドボヌール) / CARON(キャロン) [五月]

RIMG0022s.JPG

鈴蘭の香りはいろいろ持ってるし、キャロンは最後がおばさんぽくなるので敬遠してたのですが、プチプチのついたボトルが廃番になるという噂があったので、ボトル欲しさに買いました。

もともとはポワブルという胡椒の香りのためのデザインだったそうです。このプチプチが胡椒の粒なんですね。

この鈴蘭はちょっと甘酸っぱい感じ。お花の部分が、鈴蘭だけじゃなくてほかのお花も感じる。それが甘酸っぱく迫ってくる。SMNほどアグレッシブではなく、アニックほどべったりせず、ペンハリガンほど鋭くはない、一番かわいらしく使えます。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。