So-net無料ブログ作成

マイ香水ヒストリー◆2005~2009年頃 [香りに関する雑談]

RIMG0124s.jpg

あくまでも個人的になんですが。
キャンドルブームがありまして。

フレグランスキャンドルをお風呂でともしてリラックスする、
ということをしてました。
(水が入ってプスプス言ったりして、けっこう危なかった(^_^;)

この頃目覚めたのがディプティックのキャンドル。

それから、SMNのボディミルク

でも、香水をがんがん買うまでには至っていなかったのは、
どこかで、キャンドルとかボディミルクは実用だから許される
という意識があったんだと思います。

それってもう少しつきつめると、
「香水はおしゃれな人がつけるものなのに、
自分はそうじゃないから恥ずかしい」
もしくは
「自意識過剰で派手な人と世間に思われたくない」
だから
「実用ですって言い訳したい」
ってことですよね。
今、柔軟剤を香水がわりにしている人もそういう感じなんだろうか。

とは言いつつも、
・アンティアンティのエリートオブバイオレット
・ゲランのフローラネロリア
・ペンハリガンのエリザベサンローズ
・アグロナチュラのデイドリーム
・ディプティックのロンブルダンロー
・アニックグタールのローズアブソリュ
を買ってます。

ペンハリガンやアニックグタールといった、
今香水好きがよく買うようなブランドが登場してますね。

でもあくまでも、お花の香り、せいぜいグリーン、
とことんフツーな私。。。

そして2010年の1月、突如狂ったように香水を大量に買い始めます。


nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

マイ香水ヒストリー◆1998年~2000年 [香りに関する雑談]

RIMG0119s.jpg

1998年、資生堂ピエヌの「メイク魂に火をつけろ」というコピーに象徴されるよ
うに、
ドス黒いマニキュアや、口紅ではなくグロス、マスカラを常用する、
といった、大きな変革を起こしたコスメブームがありました。

化粧品好きな友人たちと、いろいろ試しておしゃべりする場を
職場のイントラネット内に設けたりして、楽しんでました。

当然、香水もいろいろほしくなります。

この頃、ブレスガーデンイプサが発売されてますね。今思えば。
やっぱり資生堂(笑)。

薄めの香りが増えてきていたんですね。
ゲランのアクアアレゴリアがたしか1998年に発売されて、
海外旅行の際に免税店で、最初の5種類が入ったミニセットを購入しました。
チェリーブロッサムも1999年発売で、
2000年に帝国ホテルのゲランブティックに突撃。

同じ傾向だと思うのですが、
海外なんだけどヘルシーさやエコがテーマなブランドが上陸してました。
(それ以前はせいぜいクリニークぐらいだったんじゃないかな?)

その中で好きだったのがオリジンズ。(1995年上陸だそうです(で、2013年撤退
(+_+)
こめかみに塗るすーっとする液体とか、
ボディローションに「バースデースーツ」名前つけたりとか、
コンセプトがとても面白かったです。
オリジンズのスプリングフィーバーは、はじめて使い切った香水です。

ロクシタンも1996年上陸。
今のように女子女子してなくて、
けっこう素朴で渋いラインアップだったように思います。
ロクシタンのバーベナのコロンも好きでした。

違う傾向の香りもほしいなーと思って、
YSLのヴァイスヴァーサや、イッセイミヤケの赤いやつも買いましたが、
あんまり使わず。

※このシリーズ、その頃好きだった本のうち、
絵になりそうなものを置いてみようとしたのですが、
つくづく、「時代を象徴する本」みたいなものが年々なくなっていっている、
もしくは自分がそういうものから離れていく年代になっている
(流行の歌を知らなくなると中年の仲間入り、的な)ことを痛感しました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

マイ香水ヒストリー◆1980年代後半~バブル [香りに関する雑談]

RIMG0115s.jpg

今思えば、マイファースト香水は、資生堂のばら園でした。
高校生のとき、祖母とデパートにいるときに見つけて、祖母に買ってもらいました。

大学生の頃は、海外旅行土産などで
シャネルの5番や、ゲランのルールブルーも持っていましたが、良さをよくわかっておらず、
好きなのはカボシャールでした。

そうそう、当時はバブル真っ最中、プワゾンが流行っていました。

二十歳のお祝いに、叔母からもらったのが、
またまた資生堂のホワイトローズナチュラル
(あとあと判明したのですが、叔母がよく行っている資生堂のカウンターで、
大量に買わされたからこっちに回ってきただけでした(^_^;)

メインは資生堂、
外国のだったらグリーンシプレ、
というあたり、
とことん、フツーっぽい嗜好でしたね~~



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Rose Secret(ローズ・セクリート) / Il Provumo(イルプロフーモ) [通年]

RIMG0116s.jpg

秘密の薔薇という意味。

シンプルな薔薇です。
といっても可愛い薔薇ではなく、青みの強い薔薇。
資生堂のホワイト・ローズ・ナチュラルほど渋くなくて、
アニックのローズ・アブソリュほどべちゃっとしてなくて、

アンティアンティのローズシャンプーが一番近い香りかも。

これをベースに何かを重ねてもいいかも。

案外長く香ります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

L'Amandiere(ラマンディエール) / Heely(ヒーリー) [三月]

RIMG0106s.jpg

今まで嗅いだことのない、不思議な香り。

アーモンドという名前の通り、アーモンドっぽいんだけど、でも私、グルマン系は苦手なはずなのに、これは好きなのです。

藤の花のような豆っぽさもありつつ、グリーンでもあり、お花の香りもする。。。

調香にはグリーンアーモンドブロッサムとあり。

そうか、アーモンドの花なのですね。

春の芽吹きのイメージです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Rose Lily(ローズリリー) / anti anti(アンティアンティ) [四月]

RIMG0108s.jpg

EDPということで、今までの四角いボトルとは違ってスプレー式です。持ちは1~2時間ぐらいかなあ。EDPにしてはとても短いです。

タイトル通り、薔薇と百合。むしろ、薔薇風味の百合、かな? 百合はクローブっぽさやグリーンもありつつ、イランイランっぽくもあり。

精油しか使っていないからナチュラルでワイルドだけど、わりと万人受けしそうな気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。