So-net無料ブログ作成
検索選択

Sienne d'Orange(シェンヌドランジェ)/ The Different Company(ザ・ディファレントカンパニー) [十月]

RIMG0029s.jpg

人参のソテー、オレンジ風味!!
人参の香りなんて、変わってますよねえ。

自分にしては珍しくダウナー系。
秋、まったりしたい休みの日につけます。

Acqua di Stresa fresh touch(アクア・ディ・ストレーザ・フレッシュ・タッチ) / Acqua di Stresa(アクア・ディ・ストレーザ) [九月]

RIMG0019s.jpg

金木犀の香りのアクアディストレーザが
柑橘やグリーンでフレッシュになった香り。
あれ? グリーンは入ってないの?


The Verde(グリーンティー) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [七月]

RIMG0014s.jpg

緑茶の香りっていろいろあるけど、これが一番本物に近い気がします。

でも、使いにくいっちゃあ、使いにくい。
両性が使えるユニセックスというわけではなく、
無性。レディースでもないけど、メンズでもない、という。
アーデンみたいにかわいくもない。

あ~、緑茶だな~~、と部屋で楽しむ香りです。

Mediterraneo(メディテラネオ) / Carthsia(カルトゥージア) [七月]

RIMG0010s.jpg

レモンティー
レモンの爽やかさと、お茶の上品さで、すごくリフレッシュ

で、あっという間に消えちゃうの。。。



Gelsomino del Deserto(荒野のジャスミン) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [八月]

RIMG0016s.jpg

アグレッシブなジャスミン
ルタンスの「アラニュイ」のような夜のジャスミンではなく、
昼間、それもカンカン照りの真昼間のジャスミンですね。


Fiore di Loto(蓮の花) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [八月]

RIMG0015s.jpg

睡蓮の、ぼふぁーっとした土っぽい香りが、
けっこう強烈に香ります。

アルデヒドとパウダリー、なのかなあ?

Eclair de Tubereuse(エクレ・ドゥ・チュベローズ) / Il Profvmo(イル・プロフーモ) [八月]

RIMG0026s.jpg

とってもきれいなチュベローズ。

ゴム臭がないので、夏場に普段づかいできます。

Eau Moheli(オーモエリ) / Diptyque(ディプティック) [八月]

RIMG0023s.jpg

イランイランの香りだそうです。
イランイランは苦手なんだけど、
これは大丈夫。

しつこすぎない感じで、イランイランを楽しめます。

ということは、本格的にイランイランが好きな人にはいまいちなんでしょう。
かなり使いやすい香りになってるんだと思います。

Io Capri(イオ・カプリ) / Carthusia(カルトゥージア) [八月]

RIMG0117s.jpg

イチジクとお茶だそうです。

イチジクはそれほど好きじゃないんだけど、
これはガーデンパーティっぽいすがすがしさがあるので、
真夏にちょっとつけたくなります。

でも、いわゆる爽やかな香りでは全然ないです。
あくまでも、濃い顔立ちのイタリア女性に爽やかな風がふいてるって感じ。


Cefiro(セフィーロ) / Floris(フローリス) [七月]

RIMG0013s.jpg

シトラスからメンズっぽくなるのですが、
石鹸ぽいので、女性でもいけそう。

人工的にも感じるんだけど、なぜか惹かれる。

とても高級なレストラン
はたまたクラシックカー。

タグ:フローリス

Zagara Fiori(オレンジブロッサム) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [七月]

RIMG0035s.jpg

オレンジフラワーというよりは、がっつりプチグレンです。
サンタ・マリア・ノヴェッラのようなハーブっぽさはなく、
ガンガン主張してきます。

真夏にオレンジ色の服を着たときにぴったり。

Cedrat Enivrant(セドラエニブロン) / Atelier cologne(アトリエ・コロン) [七月]

RIMG0118s.jpg

セドラの香りがしゅわっとはじけて、
べちゃっと残って、
午後になっても続きます。

このブランドは柑橘なのに長く続くのがすごいですが、
どうしてもべちゃべちゃっとなりますよねえ。
セドラはしゅわっと感もちゃんとあるので、
柑橘らしさが長く楽しめます。

Herba Fresca(ハーバフレスカ) / Guerlain(ゲラン) [通年]

RIMG0036s.jpg

初代のアクア・アレゴリアから、唯一残っている香り、ですかね?

免税店で初代のミニボトルを買ってから、
なんとなく忘れられなくて、最近買いました。

キュウリ系のグリーンなんだけど、
ちょっと丸みがあって、かわいらしい。

この丸みは、アニスとかフェンネルとか、
歯磨き粉っぽいそうです(笑)。なるほど。


タグ:ゲラン

Rose Absolu(ローズ・アプソリュ) / Annick Goutal(アニック・グタール) [通年]

RIMG0031s.jpg

薔薇の精油をそのまま使ったような、
ちょっとべちゃっとした、
でも、それにしては長持ちして上品な香りです。

婦人科系のイライラとかにすごく効きます。
頭の上からピンク色のシャワーがふってきて、
さーっと楽になる気がします。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。