So-net無料ブログ作成

Fahrenheit(ファーレンハイト) / Christian Dior(クリスチャンディオール) [通年]

RIMG1190s.jpg

夫にプレゼントしたことがありました。
いい香りですよねえ。

バイオレットリーフを多用した最初の香りだとか。
バイオレットリーフのグリーンと、レザーとで、 暑苦しくないけど男性的。
グリーンが強い香りなのに赤いボトルっていうのも、なんだか素敵。

いい香りだから自分でもつけてみたけど、
ちょっとメンズすぎてダメでした。
そんなにメンズメンズしてない香りに思えたんだけどなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Femme(ファム) / Rochas(ロシャス) [十一月]

RIMG1189s.jpg

ラニュイと似ているシプレなのですが、
こちらはもっと落ち着いています。
あとから出てくるプルーンの香りが、すごく美味しそう。
まったりトロトロ。

昔の大人の女性って、こんなふうに上品に成熟していたんでしょうね。
そいでもって今の我々のようにアラフォーアラフィフなんて言ってないで、
もっと若いうちに「大人」になるんでしょうね。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Opone(オポネ) / Diptyque(ディプティック) [十月]

RIMG1187s.jpg

昔は「オポーヌ」と呼んでいたはず。
一度廃番になったけど、高級ラインで復活。

ガラスがメリメリしてるボトルも素敵なので、
ヤフオクで見つけてゲットしました。

薔薇にサフラン。
全然かわいくない薔薇だけど、意味深でモダン。
ちょっとオリエンタル。

アフリカの港の名前なんですって、なるほど。

そしてそして、ディプティックも60年代に左岸にできたお店ですね!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Rive gauche(リヴゴーシュ) / YSL(イヴサンローラン) [九月]

RIMG1186s.jpg

パリに旅行することになり、 宿を左岸にとったので、
そうだ、リブ・ゴーシュって左岸のことじゃん! 
と思い立って買いました。

グリーンとアルデヒドのキーンとした香り。
でも、だんだん落ち着いたパウダリーになっていくのが、
さすが昔の香水です。

実際にカルチェラタンに泊まってみたら、とーっても素敵でした。
右岸の陰鬱としたパリもいいけど、
左岸の解放感は居心地いいですね。
学生街、古書店街で治安もいいし、レストランも手軽な店が多いし、
風通しよくて、とっても気に入りました。

あ~、イブサンローランがプレタポルテの店を左岸に出したのは、
新しくて現代的な街だからなのね~
今までの体制とは違うことをしたかったのね~
学生運動とかあった後の60年代だもんねええええ
と実感。

そしてこの香りの突き抜け感、
青と銀と黒のパッケージ、 わかる~~

アルデヒド、でも最後は落ち着くのが、
ちょっと初秋っぽいので9月かな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

紺白 / パルファン・サトリ [九月]

RIMG1183s.jpg

アルデヒドと柑橘。

9月って、暑い日も多いのに、雨も多いし、
金木犀にはまだ早いしで、
つける香水があまりなくて困るんですが、
これはぴったり。
さすが日本人が作っただけある。

すっきりさっぱり、
でも初夏とは違う、 秋のさみしさが感じられます。


タグ:アルデヒド
nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Diorissimo(ディオリッシモ) / Christian Dior(クリスチャンディオール) [五月]

RIMG1182s.jpg

ホワイトローズナチュラルをプレゼントしてくれた叔母は、
とてもおしゃれな人で、
洋服やらアクセサリーやらをたくさん持っていたので、
子どもの頃の私はそこを探検するのが大好きでした。

叔母の部屋にあった香水瓶、形は思い出せるのですが、
名前は認識していない、
あれはなんだったんだろう、
縦長で、ギザギザしていて、白いキャップで…

今ならわかります。
あれは、ディオリッシモだったのです!

つくづく、おばとは好みが合うようです。

鈴蘭の香りはなんでも好きだけど、これは一番、きりっとしてます。
きちんとスーツを着てお仕事する感じ。
有能な秘書、かな。
もちろんスーツの柄は千鳥格子。
タグ:鈴蘭
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Verveine d'Eugene(ヴェルヴェーヌ・ユージーン) / Heeley(ヒーリー) [五月]

RIMG1180s.jpg

さやさやっ。
上品なイギリス紳士のシャツの表面。

30分ぐらいで遠のいてしまいます。
頭をすっきりして、仕事や読書に集中したいときに使うと最適。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Coco(ココ) / Chanel(シャネル) [三月]

RIMG1179s.jpg

ココマドモワゼルじゃなくて、本家のココのほうです。

嗅いだ瞬間、ミダス王だな、と思いました。
ゴールドで埋め尽くされた宮殿!

調べたら、ココ・シャネルの死後、
その部屋にあるオリエントの品々を見てこの香りを作ったとか。
イメージ通りだ~~

いわゆるフロリエンタルなんだろうけど、重く感じない。
蜂蜜っぽさがあるから?

でもこれをつけて職場に行ったら、それとなく嫌がられました。
やっぱ、現代には濃すぎますね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Le De Givenchy(ル・ド・ジバンシイ) / Givenchy(ジバンシイ) [二月]

RIMG1175s.jpg

発狂しそうなぐらい、いい匂い!

ジョンキルのアブソリュートなんですね?
ジョンキルとジャスミン??

うっとり…

ガンガンに来るのに、野性ではなく洗練。

今の処方はこうじゃないらしいです。

コルデーのフェイム同様、わりとすぐけぶった感じになります。

箱のモアレ布も素敵ですよねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。