So-net無料ブログ作成
検索選択

Le De Givenchy(ル・ド・ジバンシイ) / Givenchy(ジバンシイ) [二月]

RIMG1175s.jpg

発狂しそうなぐらい、いい匂い!

ジョンキルのアブソリュートなんですね?
ジョンキルとジャスミン??

うっとり…

ガンガンに来るのに、野性ではなく洗練。

今の処方はこうじゃないらしいです。

コルデーのフェイム同様、わりとすぐけぶった感じになります。

箱のモアレ布も素敵ですよねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

No.1 / Laura Ashley(ローラアシュレイ) [二月]

RIMG1121s.jpg

自分が10代だった頃、名前とボトルだけは知っていました。
最近実物を見かけて、ボトルが素敵だったのでヤフオクでゲット。…

こんなに素敵な香りだったんですねえ!

ヒヤシンスががっつりと香り、
そこにジャスミンがしっかりと絡みつく。

80年代って、まだまだしっかりした香りが流行っていたんですねえ。

ちなみに背景は昔昔に買ったローラアシュレイのスカーフ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Fame(フェイム) / Parfums Corday(パルファン・コルデー) [二月]

RIMG1113s.jpg

proficeのセミナーで知った香り。
大昔にブランド自体なくなったそうなのですが、
どうしても気に入ったので、ヤフオクでゲット。

ブランド名は、フランス革命でマラーを暗殺したシャルロット・コルデーから。

大きいほうは「オー・ド・コルデー」とあり、アメリカ製、
マックスファクター経由で輸入されています。
オーデコロンなのかな。

小さいほうはパルファンかな?

最初もんのすご~~くいい香りがします。
ジャスミンに、ジョンキルのアブソリュートだそうです。たまらん~

しばらくすると、煙っぽい香りになってしまいますが、
劣化なのか、こういうものなのか。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

夜の梅 / パルファン・サトリ [二月]

yorunoume_s.jpg

アンバーが強くて苦手かも? と思ったのですが、肌につけてみるとアンバーはそれほど強くなく、むしろフルーティなお花の香りがいっぱいでした。

ぷしゅっとした瞬間に、杏のような香りと、クローブ? 胡椒? ツンツンしたスパイスの香り。紅梅にこういう香りってあるよなあ、という印象。

これがお花の香りに包み込まれてずーっと続きます。朝つけて夕方まで続くぐらい。パルファン・サトリにしては珍しいです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Violetta di Parma(ヴィオレッタ・ディ・パルマ) / Borsari(ボルサリ) [二月]

RIMG0002s.jpg

長らくさぼっていましたが、再開。というかその後入手したものをぼちぼちと。

スミレのイメージのパウダリーな香水なのですが、それほどパウダリーすぎなくて、パウダリーに苦手意識のある私でも使える範囲。いろいろなお花の香りなんだろうな、とは思うのですが、よくわからず。グリーンが入っているからますます使いやすい。

あと気になるのが、何か、にちゃっとした感じ。飴とかガムのにちゃにちゃっとした匂い(嫌いじゃないです)があって、それがけっこう続きます。

背景は、フランス古着。薄い黒い布に紫色の花がプリントされていて素敵なんです。どこに着て行くんだって感じですが^^;

タグ: ボルサリ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

MOGADOR(モガドール)/ Keiko Mecheri(ケイコメシェリ) [二月]

RIMG0025s.jpg

ケイコさんがメシェリさんと結婚してロスでやっているブランド。だそうです。

モガドールって、モロッコの地名なんですね。てっきり、昭和初期のモダンガールのお人形かと思ってました!!

モロッコ、というわけで薔薇の香りなわけですが。フルーティな薔薇です。それも、なぜか私には梅の香りに感じるんですよ。(おいおい全然違うだろ、と思われるかと自覚はしてるんですが…。)なので2月につけたくなる。しかも、モダンガールだと勘違いしていたせいか、気取った断髪に洋装の、でも結果的に和洋折衷になっちゃってる、小粋なお嬢さんをイメージします。

ケイコメシェリは、最後がべちゃっとした感じになるのが、特徴。エッセンシャルオイルをたくさん使っているということなのかな。(重ね付け推奨だそうですが、あんまり重ね付けには合わない気が。)このべちゃっとした感じも、どこか和風を思わせるんですが。。。持ちもけっこういいです。和柄のワンピースとか着たときにつけたい香り。

(EDP)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

金沢オードパルファム / 資生堂 [二月]

RIMG0019s.jpg

梅の香水ってなかなか無いですが、これは梅をうたった数少ない香水。資生堂のご当地香水の一つですが、ネットで買えました。

フルーティな梅の香り! 上品な本物の梅の香りです。カシスの香りもします。で、それを包み込むお香のような匂いがします。「黒方」というお香の材料だそうです。でも、おばさんぽくは全然ありません。美人女将か、美人書道家になった気分かな。着物にもちろん似合いそうですが、そうでなくても2月の寒い中、優しい気分になりたいときにピッタリです。

ボトルの、すりガラスから紫のグラデーションもきれいです。これで2000円(たしか)って安い!

ちなみに、今年は寒くて、まだ私の行動範囲では梅が咲いていません(涙)。

(EDP)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Elite of Narcissus(エリートオブナルシス)/ anti anti(アンティアンティ) [二月]

RIMG0015s.jpg

こちらはナルシス。水仙。

ナルシスの臭みのある香り、やきつみになります。それも、エッセンシャルオイルだけでできているから、黒いベルベットに包まれて窒息しそうなイメージ

臭みがやわらぐと、ちょっとパウダリーになります。ミモザやイリスが入っているそうです。甘い感じ(バニラ?)になって落ち着きます。

このナルシスはすでに廃番だそう。キャロンのナルシスノワールもわりと好きなのですが、最後のキャロン特有のオバサマ臭だけは苦手なんです。だから、こちらのナルシスには継続してほしかった!

(P)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Elite of Violet(エリートオブバイオレット)/ anti anti(アンティアンティ) [二月]

アンティアンティは日本のブランド富山の会社です。富山というと薬売り。一度出張で行ったことがありますが、徹底して「実」を求める質実剛健な県民性…というイメージ。

この香水もかなり徹底してまして、なんと、エッセンシャルオイルだけで出来ているというのです。なので、もんのすごくパワフルで野性的です。

夏には暑苦しくて絶対に使えない。だけど、早春に花のパワーが欲しいとき、手が出るんですよね〜。

いろいろな種類が出ていますが、私が気に入ったのはどれも早春の花だったのでよかった。もし、カサブランカとか、夏の花の香りを気に入ったら、いつ付けるんだろう?

RIMG0017s.jpg

こちらはバイオレット。菫です。古い古いお館で、紫のベルベットのカーテンが、輝きながら幾重にもたたまれているイメージ。

バイオレットの甘さがメインですが、グリーンの香りもします。バイオレットリーフが入っているとのこと。パウダリーさはあまり強くありません。ジャスミンがやわらげているようです。ムスクの香りもするけど、動物性香料は使っていないとのこと、気のせいか。

5年ぐらい前に買ったものなので、半分ぐらいに減っています。「時間が経つと熟成する、劣化しない」という謳い文句で、たしかに劣化はしてません。でも、薄くなってるというか、持ちが悪くなってる気がするなー。もともと、エッセンシャルオイルだけだから持ちは良くなくて、半日ぐらいで消えてしまうんですが。

買ったときは20mlで36000円ぐらいでした。高っ。パルファンだからこんなものか。でも今は、10mlで、31000円なんですね。原料高とはいえ、ずいぶん高くなりましたねえ。薄くなることを考えると、少量ずつになったのは合理的だけど。。。

画像は庭のパンダスミレと。
(P)

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Jardin Clos(ジャルダンクロ) / Diptyque(ディプティック) [二月]

RIMG0013s.jpg

ディプティックは一番好きなブランドかもしれません。なんたって、鮮やかな香り立ち! マチスの絵のような勢いがある。きつい香りという意味ではなく、鮮やかなんです。それに、香料を積んだ船が…とか、ベトナムの町が…とか、コンセプトがいちいちかっこいい。ボトルの、木版みたいな絵と金属活字みたいな文字のラベルも素敵です。

この香水は「閉ざされた庭」というコンセプト。青紫のヒヤシンスの香りだそうです。イルプロフーモは100%ヒヤシンスですが、こちらはもう少し優しい香り。薄い布のようなライラックがヒヤシンスを包んでいます。それにほんのりムスクかな。

トワレだけど一日中香ります。

(EDT)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Blanche Jacinthe(ブランシェジャサント) / IL PROFVMO(イルプロフーモ) [二月]

RIMG0008s.jpg

鉢植えヒヤシンスのツボミとともに(鉢植えの花は紫、香水のタイトルは「白いヒヤシンス」ですが)。

土や草のくさみを帯びながら、春を予感させるヒヤシンスは、2月の象徴ですよね〜

トップはがっつりしたグリーン。ガルバナムというセリ科の香料だそうです。草の匂いそのもので、嫌いな人もいそうですが、私はこの匂いが大好きです。20分ぐらいするとグリーンは少し落ち着いてきますが、ヒヤシンスそのもの!

イルプロフーモはイタリアのブランド。コーヒーの香りなど珍しいものがあるみたいで、いろいろ試したいです。

(EDP)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。