So-net無料ブログ作成
検索選択

Fahrenheit(ファーレンハイト) / Christian Dior(クリスチャンディオール) [通年]

RIMG1190s.jpg

夫にプレゼントしたことがありました。
いい香りですよねえ。

バイオレットリーフを多用した最初の香りだとか。
バイオレットリーフのグリーンと、レザーとで、 暑苦しくないけど男性的。
グリーンが強い香りなのに赤いボトルっていうのも、なんだか素敵。

いい香りだから自分でもつけてみたけど、
ちょっとメンズすぎてダメでした。
そんなにメンズメンズしてない香りに思えたんだけどなあ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Herba Fresca(ハーバフレスカ) / Guerlain(ゲラン) [通年]

RIMG0036s.jpg

初代のアクア・アレゴリアから、唯一残っている香り、ですかね?

免税店で初代のミニボトルを買ってから、
なんとなく忘れられなくて、最近買いました。

キュウリ系のグリーンなんだけど、
ちょっと丸みがあって、かわいらしい。

この丸みは、アニスとかフェンネルとか、
歯磨き粉っぽいそうです(笑)。なるほど。


タグ:ゲラン
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Rose Absolu(ローズ・アプソリュ) / Annick Goutal(アニック・グタール) [通年]

RIMG0031s.jpg

薔薇の精油をそのまま使ったような、
ちょっとべちゃっとした、
でも、それにしては長持ちして上品な香りです。

婦人科系のイライラとかにすごく効きます。
頭の上からピンク色のシャワーがふってきて、
さーっと楽になる気がします。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Rose Secret(ローズ・セクリート) / Il Provumo(イルプロフーモ) [通年]

RIMG0116s.jpg

秘密の薔薇という意味。

シンプルな薔薇です。
といっても可愛い薔薇ではなく、青みの強い薔薇。
資生堂ホワイト・ローズ・ナチュラルほど渋くなくて、
アニックのローズ・アブソリュほどべちゃっとしてなくて、

アンティアンティのローズシャンプーが一番近い香りかも。

これをベースに何かを重ねてもいいかも。

案外長く香ります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

ブレスガーデン / 資生堂 [通年]

RIMG0030s.jpg

資生堂が1998年か1999年に出したシリーズ。
ルームスプレーも持っています。

これは四季ごとのコンセプトのコロンで、
春はラフギビング
夏はブライトネス
秋はエモーティブ
冬はテンダネスタイム
という名前がついていました。

ころんとした形もとってもかわいくて、
当時さんざん悩んで、好きだと思った冬の香りを買いました。

で、それがどこかに行ってしまったので、
最近、夏と冬をオークションでゲット。
(春も入手しましたが、変質していました)

夏は資生堂らしい、無難な柑橘。

冬の香りは、ごくごく優しいムスクにウッディ。
ティエンペパッサテからハーブを抜いた感じ。

庭で息をする、というコンセプトも素敵でした。

今思うと、90年代に、パルファンの文化からあっさりさっぱり系に移行した、
その流れだったんでしょうね。

サンタマリアノヴェッラにも四季ごとのルームスプレーがあるので、
四季のコンセプトはよくあるものなんでしょうか。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Bergamote(ベルガモット) / The Different Company(ザ・ディファレントカンパニー) [通年]

RIMG0010s.jpg

proficeさんのセミナーで、ベルガモットの合成香料と、天然香料を比べて嗅いだことがあります。天然よりも合成のほうが、いい香りに感じることが多いんだよ、という趣旨でした。この香水は合成香料のほうです。柑橘のパワーというよりは、皮のツブツブや房が重なっている繊細なイメージ

それに、ムスクがあるので、ちょっとだけ長持ちするのもうれしいです。といってもほのかーーーに残るだけですが。

ベルガモットの精油と同様、精神的に参ってしまったときにつけると、ほっとします。なので「通年」カテゴリ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

IPSA(イプサ) / IPSA(イプサ) [通年]

RIMG0012s.jpg

これが廃番になっていなかったら、今こんなに香水ビンボーになっていなかったのでは、という香り。たとえて言えば、永遠のマドンナを追い続けるあまり、「彼女が手に入らないなら、女なら誰でもいいや」とプレイボーイになってしまう男性、みたいな。(だいぶ違う)

1999年頃だったか、発売後すぐに買いました。紺の薬瓶みたいなボトルがかっこいいし、金属のパッケージもしびれるほど素敵です。優しく落ち着いた香りで、大好きでした………よよよ。

香りはイリス。を謳っていたんだけど、今考えるとイリスってほどイリスじゃなかった気がする。これが廃番になった後、似た香りを探してイリスをいっぱい嗅いだけど、どれも全然違った。

香水はもう一滴も無いんですが、限定品ボディパウダーがまだ香ります。これをクンクンすると、むしろフローラルグリーンな気が。強いて言うと、私の手持ちで一番近いのは、ディファレントカンパニーのシュープリームバルキスだったりする。あのバルキスですよ。ディプティックのロンブルダンローのカシスの葉部分にも似ているような。

廃番になってしまっただけに、謎が深まります。

三層になったバスオイルとか、毎年いろいろこの香りの限定品が出てて、楽しかったなあ〜。また売ってくれないかなあ〜。

タグ:廃盤 イリス
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Muschio Bianco(ホワイトモス) / ACCA KAPPA(アッカカッパ) [通年]

RIMG0002s.jpg

わたくしの「寝香水」です。

香水のレビューを読み始めたとき、「寝香水」というタームがあることに驚きつつも、共感したものです。そうなのそうなの、いい香りに包まれながら寝たいの。でも私はいつもアッパー系の香りが好きなので、純粋な「寝香水」はこれぐらいかもしれません。

まずはラベンダー。癒し〜。

そいでもってヒノキ? 和だわ〜。すっきりしていて、たおやか。よく片づけられた和の空間(和風かわいいレストランとか、そういう…(←イメージ貧困))

最後はムスク。ほんわか〜。

で、あっというまに終わる。20分ぐらい。この短さも「はやく寝なよ」って感じでイイ。

ホワイトモス」って商品名なので、嗅ぐまでは「モス」→「苔」→シプレ系だと思ってたんですが、元の商品名からすると「ホワイトムスク」なんですね。

白いシャツでオフィスに…というのも似合うかもしれません。誰からも好かれそう。それでいて、フローラルとかフルーティとかのフェミニンなイメージではなく、落ち着いたデキる女性のイメージです。

(EDC)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。