So-net無料ブログ作成

Gelsomino del Deserto(荒野のジャスミン) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [八月]

RIMG0016s.jpg

アグレッシブなジャスミン。
ルタンスの「アラニュイ」のような夜のジャスミンではなく、
昼間、それもカンカン照りの真昼間のジャスミンですね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Fiore di Loto(蓮の花) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ヴェッキオ) [八月]

RIMG0015s.jpg

睡蓮の、ぼふぁーっとした土っぽい香りが、
けっこう強烈に香ります。

アルデヒドとパウダリー、なのかなあ?
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Eclair de Tubereuse(エクレ・ドゥ・チュベローズ) / Il Profvmo(イル・プロフーモ) [八月]

RIMG0026s.jpg

とってもきれいなチュベローズ。

ゴム臭がないので、夏場に普段づかいできます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Eau Moheli(オーモエリ) / Diptyque(ディプティック) [八月]

RIMG0023s.jpg

イランイランの香りだそうです。
イランイランは苦手なんだけど、
これは大丈夫。

しつこすぎない感じで、イランイランを楽しめます。

ということは、本格的にイランイランが好きな人にはいまいちなんでしょう。
かなり使いやすい香りになってるんだと思います。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Io Capri(イオ・カプリ) / Carthusia(カルトゥージア) [八月]

RIMG0117s.jpg

イチジクとお茶だそうです。

イチジクはそれほど好きじゃないんだけど、
これはガーデンパーティっぽいすがすがしさがあるので、
真夏にちょっとつけたくなります。

でも、いわゆる爽やかな香りでは全然ないです。
あくまでも、濃い顔立ちのイタリア女性に爽やかな風がふいてるって感じ。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Touaregh (トゥアレグ) / Il Profvmo(イル・プロフーモ) [八月]

RIMG0014s.jpg

ミントとアニスの、グリーンでドライな香り。ミント入りのアブサン酒みたいです。

トゥアレグとはサハラ砂漠遊牧民の名前だそうで。乾いた砂漠のイメージなんでしょう。

人前でつけるにはメンズすぎるのですが、家で湯上りにつけて涼みます。

もし男性がつけてたら…、音楽やってたり、古着屋やってたりする、お洒落な男性をイメージしますね。やっぱ遊牧民か。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Vent de Jasmin(ヴァン・ドゥ・ジャスマン) / Il Profvmo(イル・プロフーモ) [八月]

RIMG0013s.jpg

アラニュイが夜のジャスミンなら、こちらは朝のジャスミン。「ジャスミンの風」という名前の通り、インドールの野性的な香りもありつつ、爽やかです。鈴蘭系の香りもします。ジャスミンだけどさりげなく、というときにはコレ。

そして、けっこう持続は短くて、3時間ぐらいで消えてしまいます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Bahiana(バイアーナ) / Maitre Parfumeur et Gantier(メートル・パルフュムール・エ・ガンティエ) [八月]

RIMG0005s.jpg

苦手なココナッツでもこれはいける。苦めのシトラスと、渋いウッディに囲まれて、ココナッツがちょっとだけ主張。喩えて言うなら、カイピリーニャ味のミルキーだ!

行ったことないけど、ブラジルってこんな感じ? カイピリーニャ飲みながら、ボサノバでも聞いて、夕方の風に吹かれて〜、みたいな。(勝手なイメージ)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Bal d'Afrique(バルダフリック) / Byredo(バレード) [八月]

RIMG0007s.jpg

甘く、○○したフローラル。
この○○部分がわからない。

これは何なんだろうー。何の香りなんだかさっぱりわからず、調香を見てもピンと来ません。うーんうーんうーん。同じくバレードのウードイモーテルにもある「とある匂い」がして、すごく甘くて、でもツーンとする香り、それが好きなんですが…マリーゴールドなのか?

proficeさんでは、バイオレットとジャスミンを粘土で包んだ、と表現されています。

タイトルは、20〜30年代のパリが憧れたアフリカに由来するとのこと。…ピカソとか? スパイシーな香りではないので、アフリカそのものじゃないってのは、よくわかります。

タグ:バレード
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Le Parfum de Therese(テレーズの香水) / Frederic Malle(フレデリック・マル) [八月]

RIMG0020s.jpg

ジャスミンにメロンとスパイス(ペッパー、ナツメグ)。おっとなー。

1950年代のレシピで作られているそうで。妻テレーズのための香りだそうで。

小椋冬美の漫画に出てくる、ヨーロッパのどこか架空の町、グラマラスな女性。それとも、フランス映画。『雨のしのび逢い』のジャンヌ・モロー。家族もいるけど、一人の時間も好き。奥行きを感じさせる女性のイメージです。果たして自分がそうかというと、全然そうではないのですが^^;

フルーティフローラルなのに、全然いまどきの香りとは違うんですよねえ。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Flora Nerolia(フローラネロリア) / Guerlain(ゲラン) [八月]

RIMG0012s.jpg

アクアアレゴリアは、発売当初の5種類を空港でミニボトル買って使ってました。そのすぐ後ぐらいに出たのが、これ。でも、すぐ入れ換わっちゃって、今あるのは、ハーバフレスカだけ?そういう商法はあまり好きではないです。最初の薔薇とか、良かったのになあ。

ネロリとジャスミンがもわああっと融合しています。最後はきれいなホワイトフローラルが残ります。真夏にばしゃばしゃ使いたいです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Fleurs d'Oranger(フルールドオランジェ) / Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [八月]

RIMG0011s.jpg

きれいな石鹸のような香りもしますし、オレンジの果実の香りもします。ルタンスとしては一般的で使いやすい香り。

それでもちょっとカッコイイ系に感じるのは、スパイスの香りのせい? これはクミンなのだそうです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Do Son(ド・ソン) / Diptyque(ディプティック) [八月]

RIMG0011s.jpg

チュベローズに対する苦手意識を一掃してくれました。チュベローズ単体ではなく、グリーンが多いのが良かったんでしょう。草いきれと一緒に、花が香ってくる感じ。

夏の終わりにがんがん使います。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

A La Nuit(アラニュイ) / Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [八月]

RIMG0012s.jpg

全く媚びてない、ハードボイルドなジャスミン! 乾いた夏の夜(だから日本じゃない)、褐色の肌の美女が庭に消えていくような…

proficeさんによると、樹脂系の香りもするとのこと。ハードボイルドさはそこから来ているのかな。これぞジャスミン! と思う。

頭を使いすぎて疲れたときにも嗅ぎます。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。