So-net無料ブログ作成
十一月 ブログトップ

Femme(ファム) / Rochas(ロシャス) [十一月]

RIMG1189s.jpg

ラニュイと似ているシプレなのですが、
こちらはもっと落ち着いています。
あとから出てくるプルーンの香りが、すごく美味しそう。
まったりトロトロ。

昔の大人の女性って、こんなふうに上品に成熟していたんでしょうね。
そいでもって今の我々のようにアラフォーアラフィフなんて言ってないで、
もっと若いうちに「大人」になるんでしょうね。




nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Cafe Rose(カフェ・ローズ) / Tom Ford(トム・フォード) [十一月]

RIMG0113s.jpg

薔薇の香りではあるのですが、
コーヒーと、アンバーやパチョリが重なって、
途中からはだんだん薔薇が遠のきます。

でも重すぎない。
トム・フォードの、乾いた感じのスモーキーさ。





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Dolce Patchouly(ドルチェ・パチョリ) / Palazzo Vecchio(パラッツォ・ ヴェッキオ) [十一月]

RIMG0017s.jpg

パチョリの香りは腐葉土みたいで好き(だと思う)のですが、
パチョリがメインのものってあまり無いですよね。

これは、甘いパチョリという名の通り、
パチョリの土っぽさを満喫できます。

ウッディが強くて、サンダルウッドかな、
ずっと木の香りがします。
だから、まんま、秋の落ち葉がいっぱいの森ですね。

もしくは、すごく埃っぽいアンティーク店。




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

紫の上 / パルファン・サトリ [十一月]

RIMG0032s.jpg

ムスクにフローラル。

最初はアルミパックに入ったサンプルを試しました。あけたアルミパックをもったいないから放置していたら、部屋中が素ん晴らしい香りになったんです。

ただ、寒い時期でないとこの良さは出ません。特に私がつけると、ムスクがムスクムスクしちゃって、加齢臭!? てなことになっちゃうんです。

寒い時期だと、ムスクがほどよく温かみを演出して、薔薇やアイリス?があわ~く香って、とても上品な女性のイメージになります。しかも、和の雰囲気のせいか、湿った空気が似合います。秋冬の雨の日はこれ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Cabochard(カボシャール)/ Gres(グレ) [十一月]

RIMG0006s.jpg

大学生だった頃(20年ぐらい前^^;)、香水とは海外旅行のお土産でもらうものでした。25ansのムック本なんかを見ながら、海の向こうのハイカラな品に憧れていたものです。

そんな中、名前にひかれて、なんとか入手したのがカボシャール。「頑固者」「石頭」、女性用の香水でそんな名前って、めちゃくちゃかっこいい! 

嗅いでみると、とても素敵な香りで、「シプレっていうんだ~、自分はシプレって香りが好きなんだな」と単純に思いながら、30mlのEDTを使っていました。

使い切ったのかどうなのか、EDTのボトルは今は手元に残っていません。どんな香りだったっけ、、、いっそのこと、ということで、ミニサイズのパルファンを買ってみました(今はネットで探せる便利な時代です)。パルファンのボトルは、グレーのリボンがついてるのがまた、かわいいんですよね。西村しのぶの『サード・ガール』で、主人公がボトルにひかれ、頑張ってアルバイトして買おうとしたのが、形からするとカボシャールですよね。(って知ってる人いるかな)

あらためて嗅いでみると、なるほどシプレはシプレですが、グリーンが強いです。私、昔からグリーンの入った香りが好きなんだなあ。そして、やはり頑固な感じ(笑)。小娘がこんなんつけてたなんて、ちょっとお恥ずかしいです。

パッケージが1960年代を思わせる柄。1960年の『危険な関係』という私の大好きな映画を思い起こさせます。

と思ったら、カボシャールは1960年、まさにその年に作られた香りなんですね。ドンピシャ! 頑固者、石頭、というのも、主演のジャンヌ・モローのイメージに重なります。小娘の頃は、将来、ジャンヌ・モローみたいになりたいって思ってたんだよなあ…(笑)
タグ:グレ シプレ
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Joy(ジョイ)/Jean Patou(ジャン・パトゥ) [十一月]

RIMG0005s.jpg

山田詠美の『放課後の音符(キイ・ノート)』という小説で、主人公が父親から譲り受けた、「亡き妻(主人公の母)の使っていた香水」が、ジャン・パトゥのミルでした。大人になったらこれをつけなさい、と。

以来、ミルという香水はどんな香りだろうとずーっと気になっていたんです。千の香りをまとって、大人になるんですよー。

昨年、銀座三越にジャン・パトゥが入ったということで、やっと気軽に試すことができました。

が、が、が。

ミルは漢方薬みたいーーー。やだーーー。イメージと違ってました。しょぼん。

で、ついでに試してみたのがジョイ。

うわぁぁぁ、すごいジャスミン! 襲いかかるような花々の香り! ジャスミンの布団にずぶずぶと沈んでいって戻ってこれない。

早速、ミニサイズを入手しました。この濃厚さは、秋冬にしか使えませんが、メラメラと自分の中の動物が目を覚まします。超セクシーな美女になった気分^^; 香水で大人になるなら、ミルじゃなくて、ジョイのほうが正しい気がします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

El Attarine(エルアタリーヌ)/Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [十一月]

RIMG0007s.jpg

スパイスの香りの香水がほしくて、でも、そういうのはどうしてもアンバーやバニラといった甘重い香りが多いので、難しいなあ…と思っていたところ。

これは、甘重いものが入っていなくて、スパイス(主にクミン? フルールドランジェに入っているスパイスと似ているので)と、蜂蜜のような香りと、ウッディ。そこに加わるフローラルは、イモーテルというお花だそうです。

「エルアタリーヌ」とは、アラビア語で芳しいもの、という意味だそうで。Attarinで検索すると、モロッコにある教会がヒットしますね。モロッコの市場で売られているたくさんの芳しいものたち…素敵ー。

イスタンブールにしか行ったことありませんが、シシカバブのおいしい匂い、コロンヤという柑橘の香りのアルコール御手拭き、そして土の香りに、スパイスの香り、、この香りに近いかも!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Tiempe Passate(ティエンペ・パッサテ)/Antonias Flowers(アントニアズフラワーズ) [十一月]

RIMG0010s.jpg

ムスクの優しい香りに、ハーブとウッディ。「過ぎ去りし時」という意味だそうで。

イギリスで庭園を管理しているおばあさんの回想…そんなイメージ。お庭の生き生きとした香りではなく、それらを後になって思い出したときの香り。

家でほっこりしたいときにつけます。

夫はこの香りの中の草っぽい感じがすごーく嫌いだそうです。好き嫌いが分かれる香りかも。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Miel de Bois(ミエル・ドゥ・ボワ)/Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [十一月]

RIMG0011s.jpg

甘くて重い香りが苦手な私ですが、ハチミツの香りは大丈夫。しかもこれは、甘すぎないんです。

ボワドミエル(蜂蜜の木)じゃなくて、ミエルドボワ(木の蜂蜜)って名前が、複雑。樹液みたいなイメージなんですかね。

秋、森の中の陽だまりにいるみたい。これをつけると、暖か~い気分になれます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

Fracas(フラカ) / Robert Piguet(ロベール・ピゲ) [十一月]

RIMG0126s.jpg

ゴムのようにはりつく! これは秋にしか使えない!

チュベローズの香りは元々、ゴムっぽいと思うのですが、それがもうとことんゴムっぽいです。チュベローズ以外にもたくさんのお花の香り。これでもか、これでもか、という。そこにむんむんの桃。女の情念、みたいにも感じる。

でも、寒い時期にはこれが暖かく感じるんですよね。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
十一月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。