So-net無料ブログ作成

Aqcqua di Colonia(アクアディコロニア)/Santa Maria Novella(サンタマリアノヴェッラ) [七月]

IMG_4590.JPG

今更ですが入手しました。

サンタマリアノヴェッラのいろいろは夏の定番ですが、
そういえば、超ロングセラーのこれを試したことがなかったな、と。

ベルガモット~~~
ネロリ~~~
で、ラベンダーとかローズマリーとかのフゼアっぽさが
うっすら下から出てくる。
でも、うっすらなので、おじさんぽくはない。

古めかしくはないけど、クラシカル。
明治時代に、はじめて嗅いだ舶来のメンズ香水を、
へええー、と思っている日本人、
になった気分。なぜか。

これまた20分ぐらいで消えてしまいます。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

シャワーコロン/資生堂 [通年]

IMG_4587.JPG


前に話題にしたシャワーコロンのファンシーフローラル、
入手しました!(画像右)

あ~、これこれ!
16歳の私が買ったのはこれ!
この波うったボトル!
初デート! 初夏!

ホワイトフローラルに、
ピーチやアプリコットが乗っていて、
いかにも可愛らしいんだけど、
今時のフルーティフローラルではないのは、
基本が鈴蘭だからかな?

20分ぐらいで消えてしまいます。
あら? デートにつけていっても意味ないね(笑)。

ちなみに、スーリールを嗅いだときにこれを思い出したけど、
それほど似ていませんでした。
むしろ、タンタトゥリスにピーチを足した印象。

もう一方はフレッシュグリーンという香り。
すっきりしたグリーンに、淡くアイリスとムスクが香ります。
かなり大人っぽくて、けっこう長持ちします。

https://56074.diarynote.jp/200409220349390000/
(参考)シャワーコロンのいろいろを調べてまとめてくれています。
ファンシーフローラルと同じ体裁でホワイトフローラルが、
フレッシュグリーンと同じ体裁でピュアグリーンがあったようです。



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Tea Rose(ティーローズ)/Perfumer's Workshop(パフューマーズワークショップ) [七月]

IMG_4586.JPG

しゃきーんとしたグリーンっぽい薔薇です。

バラのシーズンである5月につけても、
すっきりしすぎていて、ちょっと人工的に感じたのですが、
梅雨明けてから使ったら、良さがわかりました。

すっきりしゃきーんなのに、薔薇なんですよ。
真夏に使える薔薇なんて、珍しい!!

本物の薔薇の香りの分類で「ティーローズ系」ってあるけど、
あれの香りってことなんでしょうね。
本物に近いという意味では、資生堂のばら園ぽく、
しゃきーんとした印象は、
ペンハリガンのエリザベサンローズ(旧作のほう)をも思わせます。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Un Lys(アンリス)/Serge Lutens(セルジュ・ルタンス) [六月]

IMG_4596.JPG

生の百合に近く感じますが、
かなり鈴蘭がきいていて、私ごのみのすっきりホワイトフローラルです。
百合というともわもわクローブ系の香りが多いですが、
青っぽいです。そして静かです。
薄~い布に、深い陰影。

ルタンスにしては重く感じません。
そして拡散力もあまりありません。
ほのかーに百合が一日中香ります。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Eau de ete(オーデテ)/Parfums de Nicolai(パルファンドニコライ) [七月]

IMG_4602.JPG

ずっと蒸し蒸しした日が続くので、衝動的に買ってしまった…。
「夏の水」。

ニコライはいくつかサンプルも持っていて、
上品さが好きではあるのですが、
最後、どうしてもおばさまっぽくなるのが、購入に至らない理由でした。

オーフレッシュのシリーズならおばさまっぽくならないかな?
と思ったけど、オードシック、オードミクステともに、
ベチバーが強くておじさまっぽくなる。。

でも、オードテはおばさまにもおじさまにもなりません! わーい。

フレッシュなライムがしゅわしゅわーっとして、
ちょっとスパイスもあって、
すぐに優しいジャスミンに包まれて、ずっとそのままです。

お風呂上りにうっとり~。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

The pour un ete(テプーアンエテ)/Artisan Parfumeur(ラルチザンパフューム) [九月]

IMG_4594.JPG

「ひと夏の紅茶」という邦題が素敵で、
ずっと気になっていました。
でも、なぜか、店頭で何度嗅いでもピンと来なかったんです。

それが、この夏、小分けを入手して嗅いでみたら、
なんだこれ、いいじゃん! と、やっと理解できました。

お茶だと思うから違和感あるのであって、
これ、最終的にはオスマンサスの香りじゃないですか。
しかも最初は紅茶じゃなくて緑茶。

夏の終わりに、金木犀の開花を待ちながら、
庭で緑茶を飲んでいる、そんなイメージですかね。

ムスクっぽい部分がちょっと苦く感じるので、
苦手だって言う人はここが嫌なのかな?


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Fleur de Lalita(フルールドラリータ)/Dusita(デュシタ) [八月]

IMG_4595.JPG

公式やいろんなレビューを見ると、
すごく女性らしい香りに読めるのですが、
実際嗅ぐと、むしろ、草。セリ科。つまりガルバナム。
がっつりグリーンじゃないですか?

真夏に草ぼうぼうの川沿いにいて、
草いきれの中、
きれいなお花の香りが混ざってる。
けっこうずっとグリーンが続いているように感じます。

もちろん、デュシタならではの、
東南アジアっぽい不思議な香りがベース。
だから、グリーンフローラルとは言っても、
ほかでは嗅いだことのない香りです。

真夏に自然の中でつけていたいなあ。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

Metal(メタル)/Paco Rabanne(パコラバンヌ) [七月]

IMG_4591.JPG

アルデヒドにヒヤシンスで、冷涼!
メタルという名前の通りです。
真夏の通勤にぴったり。

でも、ケミカルっぽくはない。
というか、ケミカルっぽさの一歩手前。
1979年という時代を感じる~。

70年代古着をちょっと思い起こさせるんですよね。
化繊なんだけど懐かしい。

ベースにお香っぽさがあって、
それもまた、古着屋っぽいのかもしれません。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:美容

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。